トップページへ
桜町聖母幼稚園について
幼稚園の生活
入園のご案内
よくある質問と回答
先生のブログ
モンテッソーリ教育
園長先生のおはなし
採用情報

園長先生のおはなし

11月の保育

 日の出の時間が遅くなると共に、日の入りの時間が早くなり、秋が深まってきていることを感じることができるこの頃です。
 日没後、東の空にひときわ明るい星「木星」が輝いています。また、午前5時には、「オリオン座」と「冬の大三角」が真南で輝いています。
 空気が澄み渡る秋,星を見ながら宇宙空間の広さにお子様とともに思いを巡らしてもよいのではないでしょうか。

 3密を避けるために学年ごとに行われた「運動会」。年少さんは年少さんなりに、年中さんは年中さんなりに、そして、年長は年長さんなりに、最高の演技や競技を見せてくれました。子どもたちが一生懸命に演技や競技に取り組む姿は、多くの感動を保護者の方々に与えたのではないでしょうか。また、子どもたちは、一生懸命に取り組むことによって大きな達成感を体得したのではないでしょうか。

 10月19日(水)に「いちご屋スカイファーム」で行った「芋掘り遠足」。軟らかい土の中から大きなお芋が一杯出てきました。春先には小さな苗だったのに,土の中の養分と雨によってもたらされる水,そしてサンサンと降り注ぐ太陽の光によって,栄養分をどんどんとつくっていきました。その養分を蓄えた「薩摩芋」。とってもおいしかったのではないでしょうか。

 10月24日(月)、高松市保健センター東側道路で「高松南警察署」「高松南交通安全協会」との共催による「ハロウィーン こどもポリス 交通安全キャンペーン」が行われ、夕刻の地域ニュースでは、ほぼすべての放送局が取り上げてくれました(学校法人聖母学園のとある園長は「ニュースジャックぐらいの勢い」と表現しました)。キャンペーンに先立ち、桜町聖母幼稚園ホールで全園児対象に交通安全教室を高松南警察署職員の方が行ってくれました。また、園庭にパトカーと白バイを展示してくださり、全園児が実物を見たり触れたりすることができました。キャンペーン終了後、香川県出身のシンガーソングライター「mimika」さんが、交通安全の歌をギターを弾きながら、大型遊具前で披露してくださりました。子どもたちにとって、日頃体験することができない良き体験ができたのではないかと思います。

 10月25日(火)に年長さんと行った「鬼ヶ島洞窟探検」。女木島に向かう「めおん」が桟橋を離れる時から,子どもと保護者が手を振り合う光景が見られました。その光景を見ながら、まだ宇高連絡船が高松と宇野の間を運航していたとき、保護者のもとを巣立って就職先や進学先に旅立って行く子どもたちの見送りの光景と重なってしまいました。いつかは保護者のもとを巣立っていく子どもたち、その時のことを常に思い巡らしながら、今日という日を大切に送って頂けたらと思います。

 新型コロナウイルスの終息が未だに見えていません。感染予防に最大限の注意を払いながら、子どもたち一人一人に「今日もとても楽しかった。とても良かった。」と思ってもらえるような保育・教育活動を行っていきますので、よろしくお願い致します。

 
お問合せ・資料請求はこちら
学校法人 聖母学園 桜町聖母幼稚園
〒760-0074 香川県高松市桜町1丁目8番13号 TEL.087-831-0328 FAX.087-834-4443