トップページへ
桜町聖母幼稚園について
幼稚園の生活
入園のご案内
よくある質問と回答
先生のブログ
モンテッソーリ教育
園長先生のおはなし
採用情報

園長先生のおはなし

10月の保育

− 10月を迎えて − 

 郊外の田では,稲穂が黄金色に変わり,静かに穂頭を垂れています。稲刈りの時期が間近であることを教えてくれています。ついこの間まで鳴いていたツクツクボウシやヒグラシの声に変わり,夜にはスズムシやコオロギの鳴き声が響き渡るようになってきました。畦道には赤色や白色の彼岸花が咲き誇っています。秋分の日も過ぎ,日没の時間が早くなると共に,南の部屋では太陽の光が部屋に差し込んでくるようになりました。最高気温が30℃近くになる日もありますが,朝夕はめっきりと涼しくなっています。自然は,季節が着実に秋に向かっていることを私たちに伝えてくれています。

 今年の夏は例年になく曇りや雨が多く,早明浦ダムの貯水率をほとんど気にすることなく過ごすことができました。数年前,S中学校1年生を「香川用水水源巡りの旅」で早明浦ダムに引率したとき,ダム管理事務所の方から次の話を聞いたことを思い出しました。

 「最近の雨の降り方を調べてみると,雨が多く降る年と雨があまり降らない年が周期的に繰り返されています。雨が多く降る年はものすごく降り,場合によっては洪水を起こしてしまいます。しかし,雨が降らない年はほとんど雨が降らないんです。天候が極端になってきているんですよね。天候が極端になってきている理由の一として『地球の温暖化』があげられます。人間が便利な生活を送ろうとして,多くの石油を使う。その結果として空気中に多くの二酸化炭素が出されてしまいます。二酸化炭素は,地球表面の熱が宇宙空間に出ていこうとするのを妨げるはたらきがあります。二酸化炭素が多くなることによって地球全体の気温が高くなるのが『地球温暖化』なのです。」

 今,子どもたちは,楽しみながらも一生懸命に運動会の練習に取り組んでいます。

 子どもたちの笑顔が今後も末永く続く地球にしていくかどうかは,私たち大人にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

お問合せ・資料請求はこちら
学校法人 聖母学園 桜町聖母幼稚園
〒760-0074 香川県高松市桜町1丁目8番13号 TEL.087-831-0328 FAX.087-834-4443