トップページへ
桜町聖母幼稚園について
幼稚園の生活
入園のご案内
よくある質問と回答
先生のブログ
モンテッソーリ教育
園長先生のおはなし
採用情報

園長先生のおはなし

6月の保育

− 6月を迎えて − 

 先日,高松市塩江町の奥地にある「奥の湯温泉キャンプ場」に行ってきました。自然は,生命の息吹を感じる新緑から,生命の力強さを感じる深緑に移り変わってきているなあと山々の木々を見ながら思いました。季節は,春から初夏へ着実に歩みを進めているようです。

 私の家の近くの田でも田起こしが終わり,田植えが近いことを知らせてくれています。 田一面に張られた水から可愛い稲がちょこんと顔を出し,風にそよぐ様子を見ることができるのも,もうすぐです。田に張られた水の中では,たくさんのカブトエビやタニシ,それに,夜になると大合唱を聞かせてくれるカエルが仲良く生活することでしょう。

 自然は,多くのことを私達に伝えてくれています。暖かさや寒さだけでなく,様々な色やにおい,味,触れた感じなど‥‥‥。その自然が語りかけてくれていることに,私達はどれだけ敏感になっているでしょうか? 自分の心を大いなる自然の前で開放し,自然が語りかけてくれることに耳を傾けたいものです。このことが,「神を知ること」につながり,「祈る心」につながっていくのだと私は思っています。

 さて,2015年度が始まって2ヶ月が過ぎました。

 先日行われた「栗林公園への園外保育」では,次のように多くの事に感心させられました。

・年長さんと年中さんは栗林公園まで歩いて行きましたが,歩道の端を2列できちんと歩いて行く姿はとても素晴らしく,感心させられました。

・栗林公園内でもきちんと2列になり,池のコイやカメを見るときにも順番を守っている姿に感心させられました。

・お弁当を食べ終わっても勝手に歩き回ることなく,おごちそうさまをし,リュックにお弁当箱や敷物をしまってから友達と遊びに行く姿に感心させられました。

・栗林公園からの帰りも,年長さんと年中さんは歩きました。とても疲れているにもかかわらず,一人もぐずることなく,歩道の端をきちんと2列で歩いて行く姿に感心させられました。

 「○○だから,○○しなきゃならないんだよね」「○○すると,○○になっちゃうよね,だから,○○しちゃいけないんだよね」。このようなことが十分に分かっている子どもたち。とても心が丸くなり,顔まで笑顔になってしまった私です。

お問合せ・資料請求はこちら
学校法人 聖母学園 桜町聖母幼稚園
〒760-0074 香川県高松市桜町1丁目8番13号 TEL.087-831-0328 FAX.087-834-4443